건너뛰기 메뉴


コウライケツギョルアー釣り

丹陽小白山チョルチュクジェ

1983年小白山の満開のツツジを素材に小白山チョルチュクジェが開始されました。
1983年5月30日な報道機関の報道によると、「忠州ダム建設で水没される避難の病気心をなだめ、小白山ツツジのように華やかで繁栄している、新しい丹陽建設のために丹陽文化院が主管して、第1回小白山チョルチュクジェを開催した」という記録が残っています。
一年二年過ぎ小白山チョルチュクジェは開催日程やイベント内容に変化を与え内実を固めてきました。
1985年第3回チョルチュクジェは新丹陽移住、1988年の第6回チョルチュクジェは、第24回ソウルオリンピック、1995年の第13回チョルチュクジェは民選地方自治体、2002年の第20回チョルチュクジェは韓日ワールドカップ、2005年の第23回チョルチュクジェは新丹陽移住20周年など、地域と国家社会の大型の変化のきっかけが祭りに反映されてきました。

小白山チョルチュクジェは害をドハルスロク南漢江と小白山ツツジの香りと一緒に、より遠く広がって、世界的な祭りに成長しようとしています。

  • 開催時期:毎年5月
  • 祭りの期間:2016年5月26日〜5月29日
  • 場所:忠清北道丹陽郡丹陽邑南川岸小白山メンバー

コウライケツギョルアー釣り

コウライケツギョのダイナミックな味をしっかりと感じて見ているところルアー釣り
多くのコウライケツギョ釣り同好が丹陽を探す理由は、丹陽邑とヨウンチュンミョン間南漢江の流れが速く、長い瀬と石の墓がよく発達しており、コウライケツギョが多く生息する多コウライケツギョの力が良く釣り同好の味を楽しむ最もよいであるからである。特に2007年から始めた全国コウライケツギョルアー釣り大会は、毎年4月頃面南漢江メンバーを背景に開催される大全国の多くの釣り同好から大きな反響を得ている。瀬と石の墓がよく発達したところでは、ゴムマル(ノドンリ入口)の前とチョンドンリ前、嶋潭三峰下、ハ徳川、アピョン、群れ、群狡猾などで、ここがルアー釣り同好が頻繁に訪れるコウライケツギョ釣りポイントです。

木工体験場新築で木工体験、ゼリー作り体験(テーマ型)、森林解説体験をすることができる

라이선스

[공공누리 공공저작물 자유이용허락] 제2유형:출처표시+상업적 이용금지 본 저작물은 "공공누리" 제2유형:출처표시+상업적 이용금지 조건에 따라 이용 할 수 있습니다.